So-net無料ブログ作成
検索選択

【社会】特集!ドラマ半沢直樹のロケ地巡り!第一部編その2 [社会]

特集!ドラマ半沢直樹のロケ地巡り!第一部の半沢直樹の悪役編

05.jpg
大阪駅前の密談シーン

渡真利(及川光博)が半沢に色々と忠告するシーンがありました。 そこで使われていたのはヒルトンプラザウエスト6階にあるヒルトンプラザホール・グランカフェだと思われます。 窓が大きく、大阪駅も一望できます。

04.jpg
東田社長と未樹隠れ住んでいたマンション

西大阪スチールの東田社長(宇梶剛士)と未樹(壇蜜)が隠れ住んでいた舞子のマンションは「ティオ舞子」(26階建て)です。 明石海峡大橋をバックにしていましたが、実際にその通りのロケーションで、橋のたもとに立地しています。 ただし、半沢と東田が乱闘していたシーンは別の場所でロケが行われていると思います。

11.jpg
大阪国税局

ラブリンこと片岡愛之助が演じる黒崎俊一。オネエ演技が見事にハマっちゃってます。 彼が統括官をつとめる大阪国税局があるのは大阪合同庁舎第3号館。 実際に大阪国税局が入ります。ドラマでもチラッと映りました。

半沢直樹 第1部のあらすじ
第一部のあらすじは、東京中央銀行大阪西支店の融資課長をしていた半沢直樹は上司の浅野の命令で「無担保の5億円の新規融資」を押し付けられます。そしてその3ヶ月に融資先が倒産!!しかしその融資は浅野と融資先の東田社長によって仕組まれた罠でした。

半沢は上司浅野に融資失敗の汚名を着せられ、銀行から出向させられそうになります、しかし、半沢はその5億を回収するために調査に乗り出し浅野と対立!!さらに国税局もその調査に乗り出し半沢と対立します。半沢は国税より先に融資先の東田社長の隠し財産を抑え5億円を回収するため孤軍奮闘、そして国税を出し抜き、融資先より5億円を見事に回収、上司の浅野と融資先の社長の悪事を暴き、東京中央銀行本部営業部へ次長として栄転を果たしました。


次は2部ですね!!お楽しみに!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
為替レート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。