So-net無料ブログ作成
検索選択

【社会】「白斑症の美白化粧品成分」の事態が深刻に!カネボウ以外の9社でも白斑症状か?! [社会]

カネボウ以外の9社でも白斑症状か?!

K10044339211_1309101807_1309101840_01.jpg

NHKから発表された情報によると…
カネボウ化粧品の利用者に肌がまだらに白くなる症状が相次いで出た問題で、ほかの9つの会社が製造した合わせて15種類の化粧品を使った16人に、同様の症状が確認されたか、一時的に症状が出たおそれがあることが厚生労働省のまとめで分かりました。

カネボウ化粧品の美白効果をうたった化粧品を巡っては、今月1日の時点で9900人を超える利用者に肌がまだらに白くなる「白斑」の症状が確認されています。
厚生労働省は先月、国内のすべての化粧品会社に対して、利用者に白斑など副作用が疑われる症状が出ていないか調査し、9日までに報告するよう求めていました。
これについて田村厚生労働大臣は10日の記者会見で、カネボウ化粧品を除く9つの会社から合わせて15種類の化粧品を使った16人に、白斑の症状が確認されたか、一時的に、症状が出ていたおそれがあると報告があったことを明らかにしました。
会社や商品名は、化粧品と症状との因果関係が分かっていないとして公表していません。
田村大臣は「医師の診断を受けていない人もおり、今後、専門家の意見も聞いて因果関係についてできるだけ早く分析したい」と話しています。

なぜ、そもそもなんでこういうことが起きたのか?! 少し調べてみた。

カネボウの美白化粧品で白斑症状を訴える人はついに1万人を突破した。

カネボウが美白化粧品の自主回収を始めてから、間もなく2か月になります。時間の経過とともに新たな事実も浮かび上がってきた。美白化粧品を数種類重ね塗りしている人に症状が多く出ている傾向が分かった。

過去にも被害報告あったロドデノール。色素細胞そのものを破壊 する。

白斑症状は使用を中止すれば多くの人は治るとされているが、2年以上経っても消えない人もいる。「クローズアップ現代」が注目したのはカネボウが独自に開発した美白成分のロドデノールだ。中村幸司NHK解説委員は「色素細胞が作り出すメラニンの量を抑えることで肌を白く保つ成分とカネボウは謳っていました」という。しかし、ロドデノールによって色素細胞そのものが破壊されるケースがあることがわかってきた。また、20年前、ロドデノールを生産していた工場で従業員が白斑を発症していた。

国谷「美白化粧品の有害性について、早い段階から医師やユーザーによって情報が寄せられていたといいます。それなのに、自主回収まで時間がかかったのはなぜでしょう」

中村「当初、カネボウの担当者は連絡があっても化粧品によるかぶれだろうという認識で、事態の深刻さを理解していなかったようです」

山口大・福田教授「白斑完治しないという論文が『完治』と変わっていて驚き」

国谷「ロドデノールは医薬部外品として認可されています。過去に白斑を発症させるという出来事があったにもかかわらず、なぜ認可されたのでしょうか」

中村「医薬部外品として認可するかどうかは、最初に医薬品医療機器総合機構で審査されます。この時、カネボウが提出した報告書が問題でした。山口大学医学部の福田吉治教授の論文を引用し、白斑は完治するという報告書を提出しました。しかし、オリジナルの福田教授の論文には完治しないと書かれていました」

これについて福田教授は「自分はロドデノールによって白斑を発症した3人の女性と面談しました。このうち2人の方は完治しませんでした。それは論文にも明記しています。それがいつの間にか完治したと変わっていた。驚きました」と語った。福田教授の論文改ざんは意図的に行われたのか。それによって白斑症被害が拡大したことは間違いなく、これはもう犯罪である。

*NHKクローズアップ現代(2013年9月2日放送「最新報告 カネボウ『美白』問題」)

消費者からしてみれば、忌々しいの一言である。
安全と安心を掲げる日本でもこのような事件が起きることに落胆してしまう。

最近では、動物愛護の観点から、実験動物を使った試験を減らす美容メーカーが多くなってきた。
ヒトに使うものだから、きちんと安全性試験をした上で、商品を販売してほしいものである。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

通りすがり

>20年前、ロドデノールを生産していた工場で従業員が白斑を発症していた。

ラズベリーケトンでしたね。番組では。
by 通りすがり (2013-09-16 11:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
為替レート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。