So-net無料ブログ作成

【面白い!】青森が北海道を殴る音ゲー!神奈川工科大学『アオモリズム』は必見! [面白いニュース!]

津軽海峡を飛び交うカニやマグロ:
青森が北海道をブチかます「アオモリズム」がTGSでズバ抜けているワケ!
神奈川工科大学の優勝!異論は認める。

東京ゲームショウ2013に行ったら、神奈川工科大学が参考出展している「アオモリズム」を見にいったほうがいい。

手作りな筐体とねぶた囃子、そしてモニターには「ホッカイドウが攻めてきたど」の文字が踊る。あの“試される大地”北海道が攻めてきただと?青森ヤバイ!

wk_130919aomorizm01.jpg
ねぶたのリズムで殴り合え!! 「アオモリズム」はやられたらやりかえす精神です

wk_130919aomorizm03.jpg
ホッカイドウが攻めてきたど

授業で地名を使ったゲームをブレストしていた時、学生の1人が「青森を育てて北海道を小さくするゲーム」を提案した。本州最北端でありながら、“北のイメージ”を北海道に奪われがちな青森との位置関係に注目し、「津軽海峡をはさんで勝負する」「北海道はでかすぎる」といったキーワードが飛び出した。そんな時、「アオモリズム」というタイトル候補が浮かび上がる。「下北半島と津軽半島が腕に見える」→「それが動いたらかわいい」→「その腕で北海道と殴りあう」→「特産品を投げ合ってそれをリズムに合わせて殴る」――こうしてリズムゲームへとイメージが固まり、侵略リズムアクション「アオモリズム」が誕生した。



ゲームは北海道の一方的な攻撃から始まる。北海道は青森に対してカニやサケやチーズといった特産品を投げてくる。この北からの情け容赦ない贈り物に青森は津軽海峡でリズムに合わせて迎え撃つ。リズムアクションゲームにありがちな固定の枠内に特産品が来たらタイミングよく押すアレだ。その後、特産品ではラチがあかないと北海道は函館あたりの出っ張りで直接攻撃へ打って出るが、青森だって下北半島と津軽半島の“両腕”で防戦。特産品ではなく北海道からのゲンコツをタイミングよく押したり、連打につぐ連打で耐えしのぐ。

ちなみにこのゲーム開発を指導したのは神奈川工科大学情報学部情報メディア学科で特任准教授をしている中村隆之氏。あのことばのパズル「もじぴったん」シリーズを手がけたプロデューサーだ。中村氏の経験と、学生の自由な発想、そして彼らのアイデアがアイデアを呼び寄せる爆発力で「アオモリズム」は誕生した。ゲームに合わせて筐体も独自に開発。東京ゲームショウ会場では実際に遊ぶこともできる。

青森県と北海道が実際に北の覇権を争っているかどうかは分からない。ただ、東京ゲームショウでもっとも心引かれたのは確か。そして、青森がヤバイってことも確かだ。おのれ北海道!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
為替レート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。